新着情報musの新着情報をお届けするブログです。

2018年5月29日

梅田ランチ 蔵尾ハム.jpg

バームクーヘン食べて育った事で別名『バームクーヘン豚』

と呼ばれるブランド豚。
滋賀県日野町の自然豊かな環境にある"蔵尾ファーム"で
育てられています。

肉としても充分すぎる位に貴重な豚肉ですが、musでは
更に手を加えて、蔵尾ファームさんとの共同開発で
"蔵尾ポークハム"を作っています。
蔵尾ポークの最大の特徴である、"肉質の柔らかさ"と
"脂質の甘さ"が更に生かされたおいしいハムになっています。
musでしか食べる事のできない貴重なハムを使った
数々のプレミアムな料理を是非楽しんでください
 

2018年5月28日

P1040451.JPG

せいろで蒸しあげたご飯は口の中に入れた途端にふぁっと旨みが
広がりなんとも優しいおいしさが魅力。
musではいろんなセイロ飯のメニューをご用意しておりますが
豚角煮や鶏そぼろといった定番に加え、人気なのが
「焼き穴子のセイロ飯」。
穴子とタレの旨みが合わさったとっても上品で優しいおいしさです。
ディナータイムはもちろんの事、明日5/29(火)の日替りランチにも登場!!予定です。
是非一度ご賞味ください
 

2018年5月27日

梅田ランチ 野菜せいろ.jpg

たくさんありますmusのメニューの中でも
常に上位に君臨する定番メニュー
『旬の野菜のせいろ蒸し』
季節に合わせた旬のお野菜を10から12種類
宝石箱のようにセイロいっぱいに詰め込み
ました。
蒸す事で更に濃厚になる素材そのものの旨みと
数段の増す野菜本来の甘みを楽しむ事ができます。
山椒を混ぜたお塩か、和歌山県由良の特産
"金山寺味噌"と一緒にお楽しみ下さい。
 

2018年5月26日

梅田ランチbutawasa.jpg

musオープン以来、大人気メニューで おかわりする方も続出の 【蒸し豚わさび】

バームクーヘンを食べて育ったブランド豚"蔵尾ポーク" を肉の塊ごと蒸してスライスしたもの。

特製のわさびソースをかけていただきます。 肉の柔らかさと肉本来の甘みにビックリ!!

是非ご来店の際には"蒸し豚わさび"のご注文 お待ちしています。

 

2018年5月25日

梅田ランチ チーズ蒸し.jpg

トマトの中をくり抜いて、豚肉を詰めたら

チーズと一緒に蒸籠(せいろ)で蒸します!

とろーりと溶けたチーズが蒸す事で旨みを増した

トマトにベストマッチ!!

 

2018年5月24日

きのこ蒸し.jpg

今人気のメニューといえばコレ!『色々きのこのせいろ蒸し』

霜降りヒラタケや大黒ひめじ、アワビ茸・・・・・

ちょっと変わったきのこ達をセイロいっぱいに詰め込みました。

あっさりポン酢をちょっとつけて、キノコの旨みを堪能して

みませんか?

 

2018年5月23日

梅田ランチ  刺身.jpg

開業以来人気メニューの一角を守り続ける
musオリジナルメニュー【蒸し刺身】
刺身でも充分おいしい新鮮な刺身を
せいろで蒸した贅沢な一品。
新鮮な魚に熱湯をかける湯引きのように
強い蒸気を短時間あてます。
お湯をあてると旨みが出汁となって外側に逃げますが
蒸気があたると旨みが内側にぎゅっと凝縮され
魚の旨みが更に強まります。
ひと口噛んだ瞬間に口の中の広がる素材のおいしさ
はたまりません。
自家製の特製ソースと一緒にお召し上がり下さい。
 

2018年5月22日

梅田ランチ包み蒸し.jpg
バームクーヘンを食べて育った事で
「バームクーヘン豚」と呼ばれる滋賀県のブランド豚
『蔵尾ポーク』。
この蔵尾ポークの豚肉を使って作った肉団子を
近所の老舗豆腐店の生湯葉で包みました。
蒸す事で更に旨みが凝縮された豚肉は、噛むだけで
じわーっと肉汁が溢れ出てきます。
辛子醤油と一緒にお楽しみいただきます。
 

2018年5月21日

梅田ランチ鶏せいろ.jpg

ふっくらと蒸された地鶏のお肉の上に

チーズが乗っかった、少し洋風なメニュー

"地鶏のせいろ蒸し ゴーダチーズのせ"

実はコースメニューの中にだけ以前からあった料理で、

お客様のご要望もあり、グランドメニューに登場した

メニュー。

蒸された鶏肉はとっても柔らかく、そしてジューシー。

チーズとの相性もバツグンです。

 

2018年5月20日

梅田ランチ もやし鍋.jpg

当店の看板メニューの『蒸し鍋』。

基本的に余分な脂が落ちて、あっさり頂ける蒸し鍋ですが、

特にさっぱりしているのが

『豚ともやしのヘルシー蒸し鍋』です。

蒸したもやしと豚肉そしてごまポン酢の絶妙の組み合わせ

であっさりおいしくいただけます。

当然〆のペラペラうどんついています。

 

前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14
フッターバー