新着情報musの新着情報をお届けするブログです。

2019年7月16日

梅田ランチハムc.jpg

バームクーヘン食べて育った事で別名『バームクーヘン豚』

と呼ばれるブランド豚。
滋賀県日野町の自然豊かな環境にある"蔵尾ファーム"で
育てられています。

肉としても充分すぎる位に貴重な豚肉ですが、musでは
更に手を加えて、蔵尾ファームさんとの共同開発で
"蔵尾ポークハム"を作っています。
蔵尾ポークの最大の特徴である、"肉質の柔らかさ"と
"脂質の甘さ"が更に生かされたおいしいハムになっています。
musでしか食べる事のできない貴重なハムを使った
数々のプレミアムな料理を是非楽しんでください
 

2019年7月15日

梅田ランチスティックa.jpg
しゃきしゃきの新鮮野菜に金山寺味噌を
ちょっとつけて食べると・・・・・。
うーん、うまい!!
この味噌を食べたいから、このメニューを頼むという
方が居られるくらいにおいしい金山寺味噌。
金山寺味噌の名産地である和歌山県・湯浅町
のとある老舗の味噌屋さんから直接送ってもらっています。
新鮮な野菜のおいしさを更にひきたてる
金山寺味噌を是非いちど召し上がってみてください。
 

2019年7月14日

梅田ランチチー蒸しa.jpg

トマトの中をくり抜いて、豚肉を詰めたら

チーズと一緒に蒸籠(せいろ)で蒸します!

とろーりと溶けたチーズが蒸す事で旨みを増した

トマトにベストマッチ!!

 

2019年7月13日

梅田ランチ野菜e.jpg
たくさんありますmusのメニューの中でも
常に上位に君臨する定番メニュー
『旬の野菜のせいろ蒸し』
季節に合わせた旬のお野菜を10から12種類
宝石箱のようにセイロいっぱいに詰め込み
ました。
蒸す事で更に濃厚になる素材そのものの旨みと
数段の増す野菜本来の甘みを楽しむ事ができます。
山椒を混ぜたお塩か、和歌山県由良の特産
"金山寺味噌"と一緒にお楽しみ下さい。
 

2019年7月12日

梅田ランチタコライスa.jpg

沖縄のソウルフード"タコライス"をmus風にアレンジすると

こうなりました!

ふっくらと蒸されたご飯にバームクーヘン豚のそぼろと

レタス、そしてとろーりと溶けたチーズが混ざり合い

何とも言えない美味しさに仕上がっています。

是非ディナータイムの〆のごはんに

"mus風蒸しタコライス"をお召上がり下さい。

 

2019年7月11日

梅田ランチ しゃぶSa.jpg

バームクーヘンを食べて育った事で、別名"バームクーヘン豚"と呼ばれる

ブランド豚。

身が柔らかく甘みのある豚肉を、"冷製のしゃぶしゃぶ風"にしたサラダです。

胡麻ドレッシングとの相性もバツグン!!

この暑さで食欲が減退気味の方でも、ドンドン食が進みます。

蒸し豚サラダでスタミナをつけて、この暑さを乗り越えていきましょう!

 

2019年7月10日

梅田ランチ包み蒸しb.jpg
バームクーヘンを食べて育った事で
「バームクーヘン豚」と呼ばれる滋賀県のブランド豚
『蔵尾ポーク』。
この蔵尾ポークの豚肉を使って作った肉団子を
近所の老舗豆腐店の生湯葉で包みました。
蒸す事で更に旨みが凝縮された豚肉は、噛むだけで
じわーっと肉汁が溢れ出てきます。
辛子醤油と一緒にお楽しみいただきます。
 

2019年7月 9日

梅田ランチ豚わさe.jpg

musオープン以来、大人気メニューで おかわりする方も続出の 【蒸し豚わさび】

バームクーヘンを食べて育ったブランド豚"蔵尾ポーク" を肉の塊ごと蒸してスライスしたもの。

特製のわさびソースをかけていただきます。 肉の柔らかさと肉本来の甘みにビックリ!!

是非ご来店の際には"蒸し豚わさび"のご注文 お待ちしています。

 

2019年7月 8日

梅田ランチ焼き豚Sc.jpg

バームクーヘンを食べて育った別名"バームクーヘン豚"。

musではただでさえ美味しい豚肉を、更にハムに加工してもらって

います。

今日は超プレミアムなハムのラインアップの中から、"焼き豚"をオススメします。

新鮮なお野菜の上に、バームクーヘン豚から作った"焼き豚ハム"をトッピング!!

さっぱりとしながらも、口の中で広がるバームクーヘン豚の旨みを

是非ご堪能下さい!

 

2019年7月 7日

梅田ランチ鶏せいろc.jpg

ふっくらと蒸された地鶏のお肉の上に

チーズが乗っかった、少し洋風なメニュー

"地鶏のせいろ蒸し ゴーダチーズのせ"

実はコースメニューの中にだけ以前からあった料理で、

お客様のご要望もあり、グランドメニューに登場した

メニュー。

蒸された鶏肉はとっても柔らかく、そしてジューシー。

チーズとの相性もバツグンです。

 

前の10件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
フッターバー